FC2ブログ
    きゆづきさとこ先生作品中心きらら系サークルこま屋の活動告知と普通の日記
    page top
    きゆづきさとこ展終わりましたね
    先週の日曜に終わりましたきゆづきさとこ展。

    最終日のじゃんけん大会は16時からのローソンチケットを持っていたので「時間に間に合えばいいんでしょ?」と
    思いつつ現着したら2Fの入口から整理券組は下にローチケ組は上にと列が延びており蒸し暑い室内階段を上がりながら
    「むしろもっと遅く来るんだった」と後悔しました。

    最大150人でポスター3枚を取り合うと聞いていたのでどれだけすし詰めになるのかなと思っていたら
    50人ずつ室内に入れてスタッフさんとじゃんけんして勝った人がポスターゲット。それだけだとちょっとさみしいので
    もう一枠ずつコースター全セットもプレゼントということになりましたが練習含めても15分とかからず。
    見事に惨敗し、最後のスケブを撮影して退出しました。自分は2組目の集団だったので次の50人に場を譲るため退出しましたが
    再入場はまた並ばなければならないということでそのまま離脱してオーバルカフェで珈琲飲んで帰りました。

    思えば2009年のGAアニメ化があって、翌年行われたきゆづきさとこ先生登壇の女子美大でのトークショー以降
    単行本発売がお祭り要素だった我々に突きつけられたGA最終回という現実から一転して
    スコールのようにきゆづきさとこ分を摂取できた2月27日から4月10日の約一ヶ月半は今考えると夢のようでした。
    毎日描き下ろしのスケブが見られるとか幸せ過ぎでした。

    ネットの感想でもちょこちょこ見かけましたが会場のGoFaさんの対応や展示会運営に思う所はないわけでもないのですし
    (告知の仕方とか)
    希望を言い出すとキリがないですが
    それでもこれだけの期間を取って展示会を行っていただけたことはやはり感謝しかないです。

    個人的にフラワースタンド企画を許可していただいた身でもあるのであまり我儘は言えない…

    GA表紙は2009年2月号から最後の2016年1月号まで大きく見ることができましたしキャッチやレイアウトの切り方等でどうしても
    見えなくなっちゃうところの元が見られるのはやはり大きかったですね。
    2014年2月号のキャラット100号記念での左側に立つ、履いてない疑惑のるんちゃんに負けていない如月ちゃんの透けスカートも確認できました。

    原画はクロがアナログを交えつつ、GAはデジタルで作画しているという事もあってそのほとんどはクロのものでした。
    あたりまえですけど書き損じの修正とかあってきゆづきさとこ先生も人間だったんだなあ…としみじみ。
    ただ、原稿用紙ではなく凄く薄いそれこそコピー紙のような紙に描いているのはすごく驚きました。

    ZIN特典の小冊子のイラスト群ではきゆづきさとこ先生のパロディやおふざけが見受けられる貴重なものでした。
    自分は東京住まいなのでマストで入手していますが昔はZINが通販を行ってなかったのもあってGAもクロも
    初期の小冊子は持ってないという方多かったんじゃないでしょうか。

    Q&Aは自分も質問出しましたが頭をひねりすぎちゃって最後には「友兼の名前知りたい?いや、知りたくない!」みたいな
    謎の問答まではじまりだしたので素直に「友兼の下の名前知りたい」って聞けばよかったんだと会場で唸りながら
    メモをとる私。
    このQ&Aどっかでオフィシャルに公開されませんかね…。

    寄せ書きは世代というのもあって往年のゲームセンターノートを思い出しました。
    こういうの書くのも読むのも大好きマンな自分は行くたびに書き、前に書いたところから他の人が書いたのを確認するのも
    楽しい日課でした。これもどこかでオフィシャルに公k

    まあ普通に公開を嫌がる(書いた)人もいるでしょうしとっくにきゆづきさとこ先生に献上されているでしょうね

    今回の展示会はGA終了記念だったわけですが次に待っている大きな燃料は
    5月27日発売予定のGA 芸術科アートデザインワークス コア・カリキュラムです。

    現時点できらら編集部からGA材置き場全収録の確約が出ているのですが今回展示会で出てた
    表紙絵も全収録して欲しいなあ…と期待しております。

    これもきっと描き下ろしとかガツンと来るんでしょうね。

    本当にきゆづきさとこ展ありがとうございました。

    GoFaのスタッフの人がじゃんけん大会の時に「要望あったらGoFaないしは編集部に」とおっしゃってたので
    ぜひ第二回を熱望しましょう。
    大阪や名古屋、福岡や仙台、札幌、果ては凱旋で福井も希望しましょう。

    今から希望送るのどう考えても早いですし、だいぶ甘めに考えても次は棺担ぎのクロ終了記念と思いますが
    声が大きくて早いに越したこっちゃありません。

    またあの幸せな一ヶ月半を味わいたくて仕方ないです。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL

    © 日進月歩. all rights reserved.
    Page top
    FC2 BLOG